私のハイアーマインド〜オーバーソウルなどの高次元意識体にイナンナとトートがいます。今の3次元体(受肉体)は遺伝子という情報庫で綿密に構成された彼らの有機的乗り物の一つです。地球3次元物質界ホログラムの中で情報収集、探査、工作をするのにこの肉体という乗り物を用います。アバターといえば現今の人にはわかりやすいでしょうか。この乗り物の寿命はだいたい長くて120年にプログラム設定されていおり、高次元体一柱につきこのホログラム中に常時約一万体のアバターを設置しています。が、その一万体のアバターがさらに細かく分霊していく仕組みになってます。時空間の中での人間の営みは、往々にして少数のオーバーソウルという大きな自分が分霊して作った人々を、これまた自分で創り出した様々な構図の中でを衝突、分離、結合などさせて遊び、繰り返し練磨しているだけにすぎないようです。メソポタミア神話でイナンナは、女性神官から生まれた半神半人の武将サルゴンを見初め配偶とし、人類初の王となったサルゴンはイナンナとともにシナイ半島からインダスに至るまでの広大な領土を治めます。そして、つい先日だが、この相似象転写パターンとして日本史ホログラム上ではあの征夷大将軍坂上田村麿がいる、とハイアーから告げられた。なんと私の過去世データの一つに田村麿もあるとのことでした。イナンナとサルゴン、転訛して観音と田村麿。京都の清水寺はもともとは坂上田村麿の邸宅であったとのこと。そういえば昨年田村麿の子孫の方と親交を持った折、数週間側頭部に断続的な激痛があり、清水寺などゆかりの地を訪れても治らず、薬も効かず、悩んでいたところ、偶々その方の口から、「田村麿の本当の死因が脳挫傷だった」 と聞かされた瞬間に痛みが嘘のようにスッと消えたのを覚えている。また調べていくとこの坂上田村麿、祖先の東漢氏は後漢の末裔ではあるが、もともとは早くに大陸に入植していたプラス電荷の縄文海人族で、+電荷の継体朝が滅んだため、ー電荷の世界に潜行させるため+電荷の神功・応神系の人々が呼び戻した人々で、そのため、継体朝所縁の飛鳥檜前神社や、黒龍神社などに拠点を置き、祭神を再興させたりしています。また。壬申の乱の際も+電荷の大海人皇子(天武)側についている。また蝦夷征伐の際に意気投合した敵軍の将アテルイと田村麿は母方の出身部族が同じだったためという説もあります。 さて、日本古代史の話はまた機を改めるとして、

今回はイナンナについてとりあげます。私なりに別サイトでこれまで結構その都度書いてきたものと、参照してきたサイトがあるので、以下に列挙しておくので、まずはくまなくじっくりご覧になってみてください。尚各記事中にも沢山の参照サイト織り込んでるので、ぜひ参考にご覧になってください。

武装の女神復活へ 音霊は宇宙に連れ

太陽女神は岩戸を爆破する 音霊は宇宙に連れ

白リュウとヒンディ5gods 音霊は宇宙に連れ

とくと見させてもらうよ by イナンナ 音霊は宇宙に連れ

スサノオが男だなんて誰がお言い? 音霊は宇宙に連れ

イナンナの意識体と懇ろにつるんでたりする 音霊は宇宙に連れ

so,what's new?イナンナ 音霊は宇宙に連れ

過去世の記憶は任務遂行のための情報ツール 音霊は宇宙に連れ

進撃のイナンナ 音霊は宇宙に連れ

シヴァと牛頭天王 Project Vega  (スサノオがイナンナであることが理解できる)

ツラン文明から縄文時代富士王朝の始まり (イナンナ=国常立尊であることがわかる)

精神世界の鉄人 人類が宇宙人になる日

プロジェクト・ヴェガ地球人のルーツ第5章(注!大変な量の資料なので、時間をかけて少しずつ暇なときにお読みください)

 

☆ランキングに参加してます。↓クリックお願いします。

  
エッセイ・随筆 ブログランキングへ

 


PR

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM