☆はじめてご来訪の方はコチラへ→ご挨拶

 

 先日はセカンドステージさんのお招きに預かり、ほんの僅かな時間ですがお喋りすることができて、とても楽しかったです。自分にとっては何年かぶり、おそらく道場で神示を降ろしてた時以来の大きな会場だったので、一瞬緊張するかなゆう★と思いきや、年齢のせいでしょうか、全然臆することもなく、べらべらガチャガチャといつものお話会(少人数、口コミで時折やってますスマイル)の調子でしゃべってましたDocomo_kao8。当日は周波数・波動に関するお話でしたが、人間、波動(周波数)の高い状態って、笑っている時だそうです。この世は’映し世’(うつしよ)、一人一人の意識の波動が投影されたホログラム幻影に過ぎません。だったらあまり深刻にならず、いつも口角上げて笑顔で、笑い飛ばして生きてみましょう。真剣にふざけて生きてみてください。そしたら ’現世’(うつしよ)である世の中も、自ずと平和で自然豊かで楽しいものになっていきます。嘘だと思って実験してみてください。テレビの中の世の中じゃなく貴方が見ている、貴方が主人公のこの世界(世の中)の映像がまず変わっていきますよ笑顔。このホログラム時空間は、相対的なものです。意識の波動(周波数)の高い低いの状態や幾何学的振動のパターンが転写されて投影されてるだけです。つまり個々の物の見方、考え方、感覚、価値観一つでどうにでも変化するということです。

 

シンクロニックにこういう記事見つけました→’あなたの笑顔の波動が宇宙に共振し〜地球の愛と光・本来の姿へ

 

 ’笑う門には福来る’ 私のつたない与太話(というかお喋りですね笑顔)で皆様に笑顔になってもらえるなら、それだけで私は幸せですハッピーハッピー

 

こちらのほうにも記事書いてますのでよろしく→

’笑いは地球を救う’ 音霊は宇宙に連れ http://ameblo.jp/tokijikunokagunomi

 

 

☆ランキングに参加してます。↓クリックお願いします。

  
エッセイ・随筆 ブログランキングへ

・初めてご来訪の方、まずはこちらへ➡ご挨拶

 

 −電荷ホログラムは以下のようにして形成されていきました。約1億3千万年前の地球上に繰り広げられていたムー・レムリアの波動の世界、この頃、人類を教導していたのが、シリウス系水棲龍族の意識体たちでした。そのリーダー格である男性性の強い女性エネルギー体アマテルが、ある時地球に侵入しはじめていたネガティブ、−電荷の宇宙種族たちの襲撃により罠に嵌り、捕らえられ気を失いますこの時テラ(地球)のホログラム上で起きたのが核兵器による大陸の海没とプラス電荷ホログラムの終焉でした。天体は生き物です。彼らにもそれぞれ意識が有ります。この衝撃の影響でテラ(地球)は約一億年の間意識を失ってしまい、高次元の存在たちにより癒され次に目が覚めたころ、地上ではすでに−電荷ホログラムがネガティブ種族により展開形成されていました。天体地球テラの意識はシリウスと宇宙に帰還したかつてのムー・レムリアの意識体たちに、約2.5万年の時を経て再びプラス電荷リアルワールド(真世界)が復活するまで、天体のバランスを保つため、救援を要請し、日本をはじめとする環太平洋の島々をコロニーとして駐留してもらうことにしました。

 さて、−電荷ホログラム、ネガティブ、男性原理の種族が支配するこの世界において、ムーの記憶を人々から消し去るために、支配者たちは神話などのストーリーラインを文字や言語に落とし込む方法で過去パラレルを書き換えていきます。波動・周波数が低くなりテレパシーなどの超感覚を失った人類はそれら文字や言語のストーリーラインを通してしか過去を知ることができなくなりました。日本のアマテラスの岩戸隠れ神話上記の一億年前の出来事が本当のところです。アマテラス神話もムー・レムリア、アトランティス文明のことも、現在の−電荷ホログラム(旧世界)上の出来事ではありません。まして時系列も実際には存在しません。人類は都合よく支配者たちに記憶を操作され、物語や観念を刷り込まれてきたに過ぎないのです。

詳しいお話はコチラを参照↓

テラが見ていた日本の歴史の真実3 http://blog.goo.ne.jp/adachi4176/e/71f7e79c78d9ad59030b7b6bd7737388

古代から現代までの地球&日本の真実の歴史 http://profile.ne.jp/w/c-175187/

人類の起源  http://dreamgo.sakura.ne.jp/Human-origin/           

 

☆ランキングに参加してます。↓クリックお願いします。

  
エッセイ・随筆 ブログランキングへ

・初めてご来訪の方、まずはこちらへ➡ご挨拶

 

 新月・満月のたび、つまりほぼ2週間おきにですが、心身ともにいろいろと影響を受けます。なにか解決策はないかと自分のガイドの一人であるイナンナ、の父 ’月神シン(ナンナ)SIN’を追ってみたところ、こちらのサイトにぶち当たりました。→月神Sin諸族http://plaza.rakuten.co.jp/phoenix3/diary/201101020001/ (必ず一読願います)。文中にに出てくる国アッカドは4次元体イナンナの領地、王サルゴンはイナンナの地球人配偶者でした。イナンナの本来の夫ドゥムジ=エンキの末子は長兄マルドゥクの奸計に嵌められ殺されます。おおざっぱに言えばこのことを引き金に地球上は一度核戦争となり、吹っ飛んでます。インドのモヘンジョダロ・ハラッパの遺跡にその痕跡が今も残るようです。 参照→「モヘンジョダロは古代核戦争跡地!?」https://matome.naver.jp/odai/2133812678463973001 この当時の人間の意識周波数は現在とはことなり、地上はおもに四次元体の巨人(エイリアン)が跋扈し、大量生産された人間(バイオロボット)を未だコントロール下において使役している時代でした。やがてシュメール神話に出てくる二ビルの王アヌの一族は、エンキの長男マルドゥクを除き、地上の支配から手を引き、光の宇宙連合に帰属し同期していきます。やがて−電荷、闇側の総帥となったマルドゥクとその息子ナブはかねてより火星の二ビル人たち(主にイギギ=労働者階級と二ビル北朝の末裔)を管掌していたので、火星の地表ホログラムが彼ら自らのネガティブ波動で崩壊するにつれ地球のホログラムに入植していきます。4次元体のまま入植するもの、霊体(意識体)で転生受肉の形で来たもの様々です。(この地上のホログラムに入植したエイリアン・意識存在は彼らだけではなく、別次元別パラレル別周波数帯で入植したエイリアンたちも沢山います。)ちなみにマルドゥクには尻尾があり、まさにトカゲらしい姿でしたが、コンプレックスだったのか、整形手術で切り落としたようです。そのせいで、−電荷、闇の総帥の波動というか形質が地上のホログラムに転写されて、今の人類には尻尾がありません(かつては尻尾の先にセンサーチップが埋め込まれていて四次元体たちが周波数コントロールできるようになってたそうです。よくスピリチャルで言われるクンダリーニ行法とかがその名残のようです。)

 そして、−電荷の彼らが地球上に入植するにつれ、地上ホログラムの中で展開されていた母性や女性性が失われていきます、集合意識の周波数が螺旋を描いて下降し電荷が−になっていくんですね。コチラの記事参照→女系社会から男系社会へhttp://plaza.rakuten.co.jp/phoenix3/diary/201304300000/ そんな中、光の宇宙ファミリーに帰属し改心したアヌ一族は、地上の猿人に直接介入・遺伝子操作し、輪廻の霊体系を作製してしまったという自らのカルマを解消するために(不干渉不介入が、銀河宇宙の掟)、要するに罪滅ぼしのために、今自ら各自分霊分化、この3次元ホログラムに、すべてを忘れてしまうというリスクを顧みず、スターシード・ライトワーカー(Light worker)として数多く常時転生して、人間をプラス電荷の意識体へメビウス縦反転させるべくその生きざまを通して覚醒を促しています。イナンナvsマルドゥク=女性性vs男性性=ムー・レムリアvsアトランティス=+電荷vs−電荷=光vs闇=ポジティブvsネガティヴ=真世界vs旧世界 この構図はいまだ続いていますが、まもなく闇側ホログラムはこの地球上から切り離されます。今は波動・周波数と電荷による棲み分け(分別)がはっきりしてきている時期です。

 さて、イナンナはどうしたでしょう、彼女もまた、別周波数帯のナーガ族に潜み匿われ、数多くのアバターを地上ホログラムに送り込みながら、母性・女性性・プラス電荷が復活する今この時を待っていました。以前にも書きましたがナーガ(サーパント)族は時を察してその玉であったイナンナを解放しその主長(おさ)だけがプラス電荷へアセンド帰還、三次元においては店終いをはじめました。そう人間が5次元意識にいたれば3次元はそのうちなくなります。イナンナと女神たちのプラス電荷ホログラムが、この−電荷の男性性旧世界ホログラムの中で如何に押し込め、貶められ、捻じ曲げられ、書き換えられてきたかはほんの一部ですが端的にこちらのサイト→プロジェクトヴェガ〜シヴァと牛頭天王 http://www.project-vega.org/2013/11/blog-post_839.html が検証してくれています。

シュメール神話、アヌンナキについてはコチラが手短に説明してくれてます→

神々の起源と宇宙人http://blog.livedoor.jp/ayumi-and1/archives/18577028.html

二ビルは今どこ?http://blog.livedoor.jp/ayumi-and1/archives/18577082.html

 

 しかしながら、パラレルリアリティ、3次元現実世界は無数にあり、すべて意識波動・周波数の投影にすぎません。歴史に真実などないのです。個々の意識がどのベクトル方向でどのような波動・周波数のパターンを見たいかを自由意志で選択しているだけです。ここでは私自身がしっくりくるパターンを様々に提示、シェアさせてもらっています。

 

☆ランキングに参加してます。↓クリックお願いします。

  
エッセイ・随筆 ブログランキングへ

 

 

 


PR

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 今日もフィールドワーク in 大阪
    ひた
  • 今日もフィールドワーク in 大阪
    モクレン
  • 岩戸開き(ウツの開放)と素戔嗚(イナンナ)のヤオロチ(レプ)退治
    ひた
  • 岩戸開き(ウツの開放)と素戔嗚(イナンナ)のヤオロチ(レプ)退治
    riko
  • メモ32記紀の国仕掛けと、スサノオ神話周辺あれこれ
    大町阿礼

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM