♡時間と空間の融合時間(朱鷺・トキ)の神トート(エルメス)・饒速日 と 空間(国・大地)の神 国常立・素戔嗚ことイナンナギリシャ名:アフロディーテ)が融け合い一つになること。

 

ギリシャ神話に両性具有神 ヘルマフロディトス の話がある。

 ヘルマ=エルメス フロディトス=アフロディーテ 

 

参照こちら☞☆両性具有の神様・ギリシャ神話あれこれ

     ☞☆ヘルメス文書

 

真の統合とは時間と空間の融合周波数域毎による棲み分け・あらゆるパラレルの地球に分化、縦型メビウスへの反転=これまでの概念・マトリックスがなくなる  

 数年前に観た2つのヴィジョン:

1.地球の映像が二つに分かれていく、光の地球闇の地球(上向きベクトルと下向きベクトル)に分かれる。

2・地球を覆うベールが瞬時に上空から光の手により剝がされる。

意味するところは同じ

 

♡私の中のイナンナ意識(シリウスA)とトート意識(シリウスB) 今生この二つを一人に受肉させたミッションとは? 

 天の川銀河からの完全破壊による超絶ウルトラCか。別宇宙からひずみとなり落ちてきた闇(アルコン、カバール)を駆除削除するには 目下 アルコンに関しては ネグレクト=意識から消す しかない。では、その元を根絶するには?

参照☞☆アルコンhttp://ameblo.jp/mede-ci777/entry-12283653172.html

   ☆カバールとは まとめ 小林ブログ

    

 二ビル次元、宇宙連合で服役中、罪滅ぼし中のアヌ一族のアバターたちが過去未来問わず見えてくる。情報がシンクロニシティで送信されてくる。3次元の繋がりはほぼ不要(必要とあればのみ)。

 イナンナの双子性はシリウスによる意図的な組成、陰・陽すべてを内包する。女性エネルギー基盤の男性エネルギー複合体ベストミックス

 太陽神のウツ・シャマシュ  冥界の女王エレシュキガル 愛と生産の金星神ニンフルサグ 時と叡智と生命の神ニンギシュジッダ 軍神ニンウルタ 天王・地球の支配者エンリル・エンキ

これら四次元体の権域と性質を堂々と譲り受け総なめにし、その全部を代替できたのは蒼き星シリウスのミッションに負うところが大きい、四次元体青い肌のイナンナ。この四次元体は名実ともに地球の支配者・天王・天の女主人だった。シンボルマークは渦巻と八芒星。さらにいえば、この意識体はアルコンを完全コピーしてこの2.5万年の二ビル次元を含む地球ログラムに潜入(そのため闇・マイナス側下方低レベルアバターらからは私をリーディングすることは不能。)=シリウスミッション:二ビル次元を含む男性原理の全ホログラムを完全に破壊、閉じて切り離し、同時に別の+電荷パラレルを別周波数域に創造(シフト)する

シリウス主にBやアヌンナキについての情報とイシュタル(イナンナ)の聖婚儀礼と大嘗祭 についてのゼカリアシッチンの談話や学者の反応記事が出ているサイトがあった。以下転載。全文はコチラ☞☆光と闇のラグナロク


『宇宙人超文明の謎』−ゼカリア・シッチン(パレスチナ生まれの言語・考古学者)−より

 シュメールの天文学によれば、太陽系には我々の知らないもう一つの惑星が存在するというのだ。
 その名は「ニビル(マルドゥク)」。「交差の星」という意味である。〜略〜
 シュメールの古文書は「アヌンナキ」がこの第12(現代天文学では10)番惑星ニビルから地球へ到来し
たと繰り返し述べている。アヌンナキとは「天より地に降りし者」を意味する。聖書においてはアナキム
乃至ネフィリムという名で、古代ヘブライ語で「天より地に降り来りし者」を意味する。
 「ルル」はシュメール語で「人間」を表すと同時に、「労働するもの」或いは「飼いならされたもの」
を意味し、人類が奴隷として創造された事を示唆する単語といえる。〜略〜

「今の天皇陛下が即位された時、欧米の雑誌に大嘗祭に関する詳しい解説記事が掲載されました。その中
暗闇の祭祀に関する件を読んで、私(シッチン)は吃驚しました。暗闇の祭祀とは、即位する天皇が祖
神である天照大神と一体化する儀式
という事ですが、これは正にシュメール王が(豊穰の)女神イナンナ
(アッカド名イシュタル)と一体化する聖婚儀礼
と全く同じ
もの
だったからです」
大嘗祭とは祖神との合一化の祭礼」−この報道を聞いた世界中の考古学者は驚愕した。「聖婚儀礼」が
まだ行われていたとは! ある米国の考古学者は5000年過去へ逆戻りしたような気がしたという。
 欧米の専門家は、入手しうる全情報を見る限り、大嘗祭が古代聖婚儀礼の流れを汲むのは間違いないと
いう。ただし古代呪術社会特有のもので、今ではそんな風習は残っていない。日本が国家的行事として執
り行う事は、考古学的宗教学的に驚くべき事であるというのだ。聖婚儀礼が始められたのは6000年前のシ
ュメール
であったという。これは人類の文明の勃興期であると同時に、地上の王権が神から人類に下され
た時期
でもある。とはいえ、当時は神と人類の二重体制で地上を支配するのが通例であった。(了)

 

上の記事から、長野の御柱祭といい、この大嘗祭といい、真の牛頭天王、女神イナンナの存在がその大本にあったが、全てマイナス側闇側男性原理仕様に書き換え上書きされ、人間の顕在意識から消去されていったのが判る。面白い事に神社などの土地や、ご神体などの意識たちは、マイナス側に上書きされることもなく、昔ながらのありのままの波動なので、いけばどこも親しくじゃれてきたり、話しかけてくる。彼らによると「祀り方は3次元のカタチにすぎない。名前なども書き換えられているが、名などどうでもよいただのカタチだ。我々にはもともと名などない。その時に合わせて好きに呼称してくれればそれでいい。我々はそこに暮らす人々が笑顔で、生き物たちもともに豊かに楽しく共存していければそれでいいのだ。」

 

♡ところで、トート(和名:饒速日=ペルシャ名イゲハルキからの転訛) はシリウスBエネルギーの意識体だが、シリウスAとは違い、マイナスよりの+電荷の性質をもっているのが、シリウスBの特徴。AとBは若干の手法の違いがあるため、3〜4次元ホログラム内でよくトラブルとなる=’因縁の縺れ’。このため今回は私という、イナンナベースのアバターに高周波数意識30%の配合率でトートを組み込む形にしてあるらしい。トート意識の残りの70%とその他周波数レベルは分散して他者常時およそ1~2万体のアバターに配合。

ここにシリウスBコンタクティさんたちのたいへん興味深いサイトがあります。このサイトに出てくるアヌンナキという名称は、察するに当ブログがいうところの−電荷・男性原理側(オリオン系火星人ら)のことと解釈。

とても傾聴に値するような情報が随時更新されてます。いくつかの情報は長年の意識の葛藤の転写元が判り、溜飲が下がる思いがしました。当ブログのこれから続々アップしていく情報にも大いに関係するので、ぜひとも参照ください。

コチラ☞☆世界でも稀な女性神を崇める日本人 http://www.el-aura.com/isyui-45/

   ☞☆もともとの神は女性性 http://isearth.blog.fc2.com/blog-entry-468.html

   ☞☆シリウスB星 http://isearth.blog.fc2.com/blog-entry-403.html

 

♡そして、私の意識データの中にあるアモンやイザヤや+電荷の脱走癖のあるイエス(ヨシュア)の消えない葛藤の転写元が漸くわかった、その記事等

 コチラ☞ ☆古代ユダ王国で起きた局部的な磁場反転についての未完成情報

      ☆アヌンナキによって消されたイスラエルの10支族

      ☆アヌンナキの誤算

      ☆イエスの苦悩

      ☆ホルスとイエス

      ☆白い神の話

 

しかしながら、これらもまたシリウスBのホログラムといえます。パラレルは無数に無限に意識の数だけあります

宇宙の共通言語は物語なのです。

 

これらの情報をふまえ、ヨシュア(イエス)を遡ること800年前、東の島々を目指した、南ユダ王国の預言者イザヤに言及したい。

 

☆ランキングに参加してます。↓クリックお願いします。

  
エッセイ・随筆 ブログランキングへ

 

e+ 雑貨・ハンドメイドストーンアクセサリー

 

                      

  • 2017.08.18 Friday
  • -
  • 03:07
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   

PR

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM